「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

犬連れ南スウェーデンの旅☆ソールリーデン ー Solliden

今日の天気:晴れのち一時雨  気温:11℃/18℃  日の出:5時27分  日の入り:20時10分


「犬連れ南スウェーデンの旅」、過去の記事はこちら。

カルマル

カルマル大聖堂

エーランド島☆ボリホルム城跡

エーランド島☆名物料理と不思議な風景



またボリホルムに戻り、

ボリホルム城跡の近くにあるソールリーデンに行きました。

e0250023_06563397.jpg


ソールリーデンは1906年に建てられた宮殿で、

1950年に、現国王の曾祖父グスタフ5世ご逝去に伴い、

現国王が相続されたものです。

e0250023_06574267.jpg


国王一家が毎年夏を過ごされる夏の宮殿。

e0250023_06585844.jpg


グスタフ5世の妻ヴィクトリア王妃は体が弱く、

特に気管支炎を頻繁に発症していたため、

冬は毎年のようにイタリアで保養していたそうです。


そして、エーランド島が気に入り

ここに夏の宮殿を建てることになったとき、

大好きなイタリアのヴィラをモデルにしたと言われています。

e0250023_06594088.jpg
e0250023_07001485.jpg



有名な非暴力のオブジェ。

e0250023_07005658.jpg

スウェーデン人アーティストのロイタースヴァードが

ジョン・レノンが暗殺された後に作ったオブジェ。

オリジナルの1つがNYの国連本部にあります。


レプリカは世界中数十カ所にあり、

ここソールリーデンに置かれるようになったのは最近。



子供のプレイハウス。

e0250023_07032032.jpg
e0250023_07041241.jpg


ディテールもイタリアのヴィラを真似て。

e0250023_07052657.jpg
e0250023_07062533.jpg


イタリア庭園。

e0250023_07072222.jpg


国王一家は毎夏ここで過ごされます。

多分、この時もご滞在中。


なので建物の中は見学できませんが、

広い庭園は自由に散策できます(有料)。

しかも犬連れOK。



バラ園。

e0250023_07085370.jpg


スウェーデンの王妃や王女はもちろん、

他のヨーロッパのクィーンやプリンセスの名前の付いたバラがたくさん。

e0250023_07103276.jpg



ライオンさんと同じポーズしてみた(^_^;)

e0250023_07114405.jpg


緑がとっても美しい庭園の中をずんずん歩く。

e0250023_07133576.jpg


フューシャ庭園。

e0250023_07155319.jpg


いろんな種類のフューシャが咲いていました。

フューシャの花、可愛いですよね~♡

e0250023_07171245.jpg
e0250023_07180196.jpg


2種類の木が共存してる?

e0250023_07192279.jpg


6月の夏至祭の名残。

e0250023_07195969.jpg


紫陽花がたくさん咲いていました。

e0250023_07203537.jpg
e0250023_07214986.jpg

やっぱりこっちの方は暖かいのかな。

ストックホルムでは、鉢植えの紫陽花はあっても、

地植えの紫陽花は滅多に見かけないのです。



もう閉園の時間が近いので、

カフェは閉まっていました。

e0250023_07222773.jpg


が、ショップは開いていたのでちょこっと覗いてみました。

e0250023_07230626.jpg


スウェーデン南部は農業地帯で、

菜種油がたくさん採れます。

ここでは何種類かの菜種油の試食ができます。

e0250023_07234008.jpg
e0250023_07251887.jpg


商品を売っているショップの方は写真を撮らなかったけど、

地元のオーガニック農家の製品が多かったです。


こんなのを買ってみました。

ドライ苺とエーランドの豆のチップス(ハーブ味)。

e0250023_07270693.jpg

小さい袋なのに高くて、そんなに気軽に買えるものじゃないけど、

どちらもとても美味しかったです♪



本当はエーランド島南部にある鉄器時代の遺跡、

古代の城跡エーケトルプを見に行く予定でしたが、

残念ながら時間切れ。


20年前には見に行きましたが、

それからそれほど変わっているとは思えないから、

ま、いいか・・・(^_^;)



またまたエーランド橋を渡ってカルマルに戻ります。

e0250023_07285003.jpg


この日の晩は、メニューにタパスと出ていた店にしたのですが・・・。

e0250023_07293585.jpg

器は確かにタパスの器だけど、

中身はどちらかというとレバノンとかのメゼ!?


味はノーコメントです(^_^;)




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-25 22:51 | 旅行・スウェーデン

エーランド島の名物料理と不思議な風景 ー Ölands kroppkakor och nature

今日の天気:曇りのち晴れ  気温:12℃/18℃  日の出:5時20分  日の入り:20時18分


最近、ブログを書く時間がなかなか取れず、

亀の歩みの更新ですが、

どうかのんびりお付き合いくださいm(__)m



「犬連れ南スウェーデンの旅」、過去の記事はこちら。

カルマル

カルマル大聖堂

エーランド島☆ボリホルム城跡



ボリホルム城跡を後にして、島を更に北へ向かいます。


スウェーデンは、全国的な統一が進み過ぎて、

大手スーパーもデパートも各種ショップもたいてい全国チェーン。

全国どこに行っても同じような店ばかり。

地方の特産品っていうのもほとんどなくて詰まらないです。


それでももちろん全く無いわけではないので、

少しそういうのも探してみました。


まずは、小さなチーズ屋さん。

「Hagelstad Gårdsmejeri」

ハーゲルスタード・デイリーファーム。

e0250023_07101764.jpg


ここで、直営ファームの山羊の乳からチーズを作っています。

e0250023_07104844.jpg


小さい店で、売っているチーズも5~6種類ぐらいしかないけど、

味見もさせてくれて、いろいろ教えて頂きました。


車での旅はまだ始まったばかりだし、

7月の初めでどんどん暑くなってきていて、

クーラーボックスなんかも持っていなかったので、

チーズを買うのは無理かと思ったけど、

実はチーズは結構大丈夫なのだそうです(°_°)


暑いところに長時間置いておくと熟成が進むけど、

傷むわけではないらしい。


ホテルにはミニバーがあるから冷やせるし、

移動するときだけ少し気をつければ、

それほそ熟成も進まずに持って帰れそうだったので、

試食して気に入った3種類を購入しました。

e0250023_07112597.jpg

一番手前のはスウェーデンの全国食の職人技コンテストで

金賞を取ったものです。



そしてこの日のランチは、このチーズ屋さんの近くにある

「Ninnis Kroppkaksbod」で。

e0250023_07122296.jpg



クロップカーカは南部スウェーデンの名物料理。

作り方や食べ方に地方色があるようで、

ここではエーランド島のクロップカーカが食べられます。

e0250023_07133078.jpg


豚肉と玉ねぎをじゃがいもで作った生地で包んで茹でたもの。

生クリームを掛け、リンゴンベリーのジャムを添えて頂きます。

e0250023_07140426.jpg

結構ずっしりで、1人2個でお腹いっぱい。



このレストラン、外にこんなトイレがあるんですが、

でも実は中は普通の水洗で、モダンなトイレでした~(^_^;)

e0250023_07143941.jpg


 20年前にエーランド島に来たときには、

あまり北の方までは行かなかったので、

今回は北の端まで行ってみることに。


こんな針葉樹の森の中を走って行きます。

e0250023_07151190.jpg


行った先は「Trollskogen」。

トロールの森です。


自然保護地区になっていて、

いろんなハイキングコースがあるようでしたが、

時間があまりないので最短コースを(^_^;)

e0250023_07155706.jpg


ここは島の最北端の東の岬にあって、

西の岬にある灯台が向こうに見えます。

e0250023_07162458.jpg


この森には樹齢100~200年の古い木がたくさんあるらしい。

また、海風で不思議な形に曲がってしまった松の木もたくさん!

e0250023_07165974.jpg
e0250023_07174099.jpg


幹に絡まったアイビーも素敵♪

e0250023_07181287.jpg


レオンはお散歩楽しくて仕方ない様子です(^_^;)

e0250023_07183830.jpg
e0250023_07191410.jpg



再び島を南下する前に、

島の北西の海岸にある「Neptuni Åkrar」に寄りました。

e0250023_07205847.jpg


ネプチューン・フィールドという意味のこの名前は、

1741年に植物学者カール・フォン・リンネが命名。


海を司る神ネプチューンが創ったような風景、

ということのようです。

e0250023_07215229.jpg
e0250023_07223135.jpg


こんな所でひっそりと海水浴&日光浴を楽しむ人も(*_*)

e0250023_07230403.jpg


まるで荒野のような石灰岩のフィールドに、

こんなかわいい花が所々に咲いていました。

e0250023_07233841.jpg

自然って不思議~。





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-22 22:19 | 旅行・スウェーデン

犬連れ南スウェーデンの旅☆ボリホルム城跡 ー Borgholms slottsruin

今日の天気:曇り時々晴れ  気温:14℃/19℃  日の出:5時09分  日の入り:20時32分


「犬連れ南スウェーデンの旅」、過去の記事はこちら。

カルマル

カルマル大聖堂



2日目はエーランド島に行きました。


「エーランド」は、スウェーデン語では「Öland」で、

最初の「Ö」の発音はオとエの間。

オの口をしてエと発音する感じ。

私としてはどちらかと言うとオに近いと思うのですが、

実は「Åland」という別の地名があって、

こちらは完全に「オーランド」という発音。

従って、混乱を避けるためには、

不本意ながら「エーランド」という表記にせざるを得ない。

日本のガイドブックなどでもそう表記されているので、

「エーランド」で統一することにします。



さて、そのエーランド島は、ゴットランド島に次いで

スウェーデンで2番目に大きい島。

南北にひょろりんと長い島です。


カルマルとはエーランド橋で繋がっています。

e0250023_06425413.jpg

エーランド橋は全長6072mでスウェーデン国内で最長。

北欧では、スウェーデンとデンマークを結ぶオーレスンド橋に次いで

2番目に長い橋です。



エーランド島には山は無く平で、風が強いので、

中世の頃から既にそれを利用した風車があったらしい。


19世紀には、エーランド島だけ2千もの風車小屋があったとか。

今ではシンボルとして所々に残っています。

e0250023_06433784.jpg



エーランド島でまず最初に訪れたのはボリホルム城跡

e0250023_06443402.jpg


ここでは音声ガイドはスマホのアプリ!!

チケット売り場のあるショップ内にはフリーのWi-Fiがあって、

そこでアプリをダウンロードできます。

便利~♪

e0250023_06463236.jpg

スウェーデン語か英語かを選択。


地図上の番号をタップすると

解説を読んだり聞いたりすることができます。

e0250023_06471086.jpg


ここは、中の展示室も含め犬連れOK!

ありがたいです♪

e0250023_06475615.jpg


ボリホルム城跡は、17世紀半ばにカール10世グスタフ王が建てた

バロック様式のお城の遺跡です。


しかし、1806年の大火で焼けてしまって、

今は壁の一部しか残っていません。

e0250023_06491634.jpg
e0250023_06494821.jpg
e0250023_06505030.jpg
e0250023_06520791.jpg
e0250023_06523698.jpg
e0250023_06531539.jpg


この場所にお城が建てられた歴史はもっと古く、

12世紀の終わり頃にはこの場所に塔が建てられ、

周りを囲むように城壁が造られました。


1281年には要塞としての形を整えたそうです。


シリーズ最初の記事に書いた通り、

当時はこの辺りがスウェーデンとデンマークの国境だったため戦争が絶えず、

16世紀初め頃に要塞は破壊されてしまいました。


その後再び要塞が建てられましたが、

国境争いは続き、デンマークに取られたり取り返したり。


1613年に一度和平条約が結ばれ、17世紀後半には、

カルマル大聖堂の設計もしたテッシンの指揮により

バロック様式の城に建て替えが始まりました。

e0250023_06543921.jpg

城内にはいくつか展示室があって、

こういった歴史を辿れるようになっているのですが、

なんと言ってもバロック時代が一番面白かったです。

e0250023_06552162.jpg


華飾のバロック時代は過食の時代でもあったようで、

カール10世グスタフ王がこのボリホルム城に居住していた頃は、

一食につき24皿(!)のコースが出されていたらしい( ̄O ̄;)

そして1人が1日に消費していた飲み物は、

ビール3リットルとワイン3リットル!!


地下の倉庫には、ワイン16473リットル、

ビール12560リットルが貯蔵されていたというから恐ろしい!

e0250023_06555595.jpg


この王様は若干37歳で亡くなったそうですが、

その間に溜め込んだ脂肪は膨大な量。


これがその王様のウエストです( ̄▽ ̄)

e0250023_06562542.jpg


この王様は、飽食のみならず戦争もお好きだったようで、

またまたデンマークとの戦争が勃発し、

そのためにボリホルム城の建設が中断。


和平成立後に一度は建設が再開されたそうですが、

完成を見ないまま放置。


この和平条約で今のスコーネ地方がスウェーデン領となり、

国境がずっと西に移動してしまったため、

国境争いの拠点ではなくなったエーランド島及びボリホルム城は

その重要性がぐっと下がり、

いつしか朽ち果ててしまいました。


そしてとうとう1806年に大火事が起こり、

壁の一部を残して完全な廃墟になってしまったのでした。


内装は何も残っていませんが、

それでも歴史の一コマを刻んだボリホルム城跡は、

人々のロマンを誘うのか、今も人気の観光名所です。

e0250023_06581773.jpg


3階部分ぐらいまでは上がれるので、上がってみます。

途中、なんか怖々下を覗き込むレオン(^_^;)

e0250023_06585996.jpg


今上がれる一番上まで上がると、海が見えます。

e0250023_06593409.jpg


ここは結婚式が挙げられるみたい(?)

e0250023_07000867.jpg


青空に一筋のひこうき雲。

e0250023_07003869.jpg


敷地内の一角には子供向けのアトラクションがありました。

これは作り物の馬に乗って、

敵の盾に見立てた標的を突くというアトラクション。

なかなか面白そうでした~。

e0250023_07010815.jpg




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-17 22:57 | 旅行・スウェーデン

犬連れ南スウェーデンの旅☆カルマル大聖堂 ー Kalmar domkyrka

今日の天気:晴れ時々曇り  気温:18℃/25℃  日の出:4時50分  日の入り:20時54分


「犬連れ南スウェーデンの旅」、過去の記事はこちら。

カルマル



さて、ブラブラ散歩を続けて大広場に出ると、

広場の真ん中にはヤシの木!?

e0250023_08125964.jpg


そして、なんだか南欧風の立派な建物が~。

e0250023_08133427.jpg


と思ったら、これ、なんとカルマル大聖堂でした(*_*)


カルマル大聖堂は、1660年から建設が始まり1703年に完成。

スウェーデンでは珍しいバロック様式の教会。


ドロットニングホルム宮殿も設計したテッシン(父)の設計。


1915年まで司教座が置かれていたらしい。

司教座がなくなってからも大聖堂と呼ばれている珍しい教会です。



レオンは教会の中に入れないので、

夫と交代で見学。

e0250023_08145593.jpg


パイプオルガン。

e0250023_08152669.jpg


バロック様式の説教台は17世紀半ばの作。

台を支えているのは、カルマル市の守護聖人クリストファー。

e0250023_08155672.jpg


2005年から2013年にかけて大々的な改修が行われたらしく、

随分とモダンな内装が取り入れられています。


聖餐台。

e0250023_08164717.jpg


新しい洗礼盤は海を表しているとか。

e0250023_08172358.jpg


演壇。

e0250023_08181139.jpg


これらのモダンな内装が17世紀のバロック様式に

上手く溶け込んでいるのがスゴイ。



大広場に面して大聖堂の向かいにあるのがカルマル市庁舎。

1690年に造られたもの。

e0250023_08185059.jpg


他にも所々に古い建物が残っています。

ホテルに近くにあった可愛い3軒の家。

e0250023_08291743.jpg

1765年の大火で焼け残った、恐らくは17世紀の建物。

職人の工房があった区域だそうです。



さて、そろそろ晩ご飯。

ほとんどのレストランがテラス席を出していて、

夏の夜を楽しむ人たちで賑わっていましたが、

ほとんどがグリルレストラン。


お昼にハンバーガーやカラマーリフリットを食べた私たちは、

何か別の物が食べたくてイタリアンへ。

リストランテ「Ernesto」。

e0250023_08304719.jpg


7月初めのこの時は、日が暮れると結構寒くて、

テラス席にはストーブがついていました。


寒がりの私たちはストーブのすぐそばの席をゲット。

レオン連れだとテラス席にしか座れないのは覚悟していたので、

ユニクロのウルトラライトダウンも持参です(^_^;)



私はシーフードのパスタ。

e0250023_08313070.jpg


夫は、スウェーデンではまだまだ珍しいボンゴレ。

e0250023_08320772.jpg


先にホテルの部屋でご飯を済ませたレオンは

テーブルの下でちょっと退屈(^_^;)

e0250023_08325626.jpg


お腹は一杯だったんだけど、

少し甘い物が欲しかったのでティラミスをシェア。

e0250023_08340919.jpg


たまたま見つけて入ったレストランだったけど、

結構なかなかイケました。



ブラブラ歩いてホテルに戻る途中、

広場の噴水に興味津々なレオン(^_^;)

e0250023_08344587.jpg




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-09 23:04 | 旅行・スウェーデン

犬連れ南スウェーデンの旅☆カルマル ー Resa med hunden i södra Sverige: Kalmar

今日の天気:晴れ時々雨  気温:20℃/29℃  日の出:4時41分  日の入り:21時04分


ブリュッセルから戻って、中3日あけてすぐにまた、

今度は国内旅行に出かけました。


本当は久々に南仏などに行きたかったのですが、

計画を立てるのが遅くなってしまったのと、

レオンを連れての初めての旅行ということで、

車で行ける所に。


行き先は、南スウェーデン。

スモーランド地方とスコーネ地方の特にエステルレーンに決定。


ちょうど20年前に親友がスウェーデンに遊びに来てくれた時に、

一緒に旅行した所です。


今回は全く同じコースではないけれど、

20年ぶりの懐かしい場所をいくつか訪れました。


たった4日のベルギー旅行の記事をチンタラ書いていたら、

気がつけば南スウェーデンの旅から既に1ヶ月。

記憶がかなり怪しくなっています(ー ー;)


それでも、私たちの旅の記録と、

日本のガイドブックにはほとんど載っていない

スウェーデンの田舎のご紹介を兼ねて、

ぼちぼち書いていこうと思います。



まず、初の犬連れ旅行ということで、

犬連れで泊まれるホテル探しから。


ネットで検索したところ、

ベストウェスタンホテルズが犬連れのためのページを持っていて、

犬と一緒に泊まれるホテルが一覧になっていて探し易い。

スウェーデン国内に犬連れ可のホテルを50カ所持っています。


大体の旅の予定を立て、

訪れたい場所に近いホテルをリストから選び出し、

電話で予約。


犬連れ場合、オンラインで予約ができないのがちょっと面倒ですが、

でも、ギリギリだった割には予想外にすんなりと予約が取れました。



では、いよいよ出発~。

e0250023_20465654.jpg


ストックホルムを出て南下していくと、

森が多く、こういう標識が出てきます。

e0250023_20472725.jpg

エルク注意!

エルクは体長2~3メートルの大鹿。

ぶつかるとこっちの身が危ないです(・・;)


スウェーデンの高速道路は無料。

日本のようなサービスエリアはありません。


所々にガソリンスタンドとコンビニ、

そして大抵はハンバーガーショップがあるぐらい。

マクドナルドかバーガーキングか、

スウェーデンのハンバーガーチェーンのマックスか。


注文してから作ってくれるマックスはそこそこイケます。

スウェーデン国産のビーフやチキンを使っているのが売り。

ダイエット向けのメニューもあったりします。


普段滅多に食べないので、

たまにはいいかと、マックスでランチしようと思ったら、

あら、無い(°_°)?


ストックホルム近郊にはたくさんあったのに、

調べてみたら、次は目的地近くまで無い!


他に食事ができるところもほとんどなく、

やっと見つけた高速沿いにあるインのレストランで遅めのランチ。


私はカラマーリ、夫はハンバーガー。

e0250023_20491851.jpg


ニコニコ顔のレオン( ̄▽ ̄)

e0250023_20501022.jpg


最初の目的地はカルマル(Kalmar)

13世紀から17世紀に掛けては、この辺りが国境だったため、

非常に重要な都市だったカルマル。


ここでの滞在先は、Best Western Plus Kalmarsund Hotell


初めての犬連れ可のホテルで実は内心かなりドキドキで、

リセッシュまで持参したのですが、必要なかったです(^_^;)

動物の匂いも全くせず、清潔で心地よいお部屋でした。


部屋の中には、レオン用にボウルとトリーツがいくつか入った袋が。

e0250023_20534154.jpg


いつも使っているクッションとカフェマットも持参で。

まだ何となく落ち着かない様子?

e0250023_20541283.jpg


ちょうどその週末にカルマルで犬のアジリティーの大会があって、

犬連れ宿泊客がやたらと多くてビックリしました(*_*)

もしかしたら、犬連れ客は全員同じ階だったのかもしれません。

廊下を歩く度に、いろんな部屋から犬の吠え声が(^_^;)



少し休憩してから、ブラブラと街を散策してみました。

カルマルは人口6万5千人弱の小さな町。

(スウェーデンでは中ぐらいの町ですが^_^; )

e0250023_20552355.jpg


スウェーデンの東海岸にあります。

e0250023_20555921.jpg


ハーバーの近くにツーリストインフォメーションがあったので、

そこで地図や資料をたっぷりもらって来ました。


それから公園をブラブラ散歩。

e0250023_20564330.jpg


対岸にカルマル城が見えます。

e0250023_20582631.jpg


少し違う角度から。

e0250023_20585951.jpg


長くなったので、次記事につづく(^_^;)

e0250023_20593626.jpg



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-05 23:57 | 旅行・スウェーデン

Stockholm PRIDE 2014

今日の天気:曇りのち晴れ  気温:20℃/26℃  日の出:4時36分  日の入り:21時09分



今年で17回目となるストックホルム・プライド

今年は7月28日から8月2日まで開催されました。


プライドは、ゲイパレードとも言われていますが、

LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の人々が

自己の性的指向や性自認に誇りを持ち、

それによる差別を無くそうとい社会運動。

世界各地で開催されています。


ストックホルム・プライドは北欧最大規模。


期間中、ストックホルム市内のいくつかの会場で、

コンサート他様々なイベントが行われます。


スポンサーの1つのセブンイレブンは、

期間中1店舗がウエディングチャペルになり、

何組ものゲイカップルが結婚式を挙げました。

確か、ドロップインもできたはず。



また、今年の大ニュースは、

2人のムスリムの女性がイスラムの伝統に則って結婚式を挙げたこと。

式を執り行ったイマームは、南アフリカの人で、

自身もゲイだとのこと。


同性婚の認められているスウェーデンですから、

この女性2人も戸籍上は既に2年前に結婚しているらしいのですが、

イマームによるイスラム教の式を挙げられたというのは、

とても意味のあることだと思います。



そんなストックホルム・プライド。

フィナーレはもちろん最終日のパレードです。


ストックホルム・プライドの規模は年々大きくなっていて、

今年も記録更新。

パレードの参加者だけで6万人以上。

観客は60万人ですって!!


その中の2人と一匹が我が家です(^_^;)


今年は所々日陰のあるStureplanで。

ここには、パレードの参加グループを紹介する司会役のような人がいました。

e0250023_21400049.jpg


結構視界の開けた場所を確保したつもりが、

パレードが来ると同時に座り込んでいた人が立ち上がって、

非常に写真の撮り辛い状況になってしまいました(ー ー;)


仕方なく腕を目一杯上に伸ばしてiPhoneで撮影。

e0250023_21404362.jpg


一部はコスプレ化しています(^_^;)

e0250023_21412332.jpg


途中で前の人がいなくなって少し視界が開けました。


参加グループは、非営利団体から職業グループ、政党、ナイトクラブまで様々。


職業グループの一部をご紹介。


ゲイ警察官!

e0250023_21454068.jpg


ゲイ・ドクター!

e0250023_21460725.jpg


消防隊は、水を噴射( ̄◇ ̄;)

あそこにいなくて良かった・・・。

e0250023_21464123.jpg
e0250023_21471078.jpg

どんな職業でも、こうしてカミングアウトできるのはいいですね。



各政党も参加。

今年は9月に国会の総選挙があるので、特に熱が入っているようです。


現連立政権最大党の穏健党。

今年初めて首相が参加です。

真ん中で両手を上げている白いシャツの人。

周りにその他大臣も何人か見受けられます。

e0250023_21475888.jpg


これも現連立政権の一党である国民党。

真ん中のチェックのシャツの人が党首で教育大臣。

テレビや写真で見るより随分小さいな、この人。

e0250023_21484732.jpg


元左党の党首が立ち上げたまだ新しいフェミニスト党。

参加グループ最大だったんじゃないかと思うぐらいの大人数。

e0250023_21500212.jpg

中にはトップレスで練り歩く人もいて、

フェミニストパワー炸裂でした(^_^;)

e0250023_21503802.jpg


また、パレードに音楽とダンスはつきものですね。

e0250023_21540602.jpg
e0250023_21543763.jpg
e0250023_21550225.jpg



パレードの雰囲気を少し動画で味わってください。




プライドは性のマイノリティーのためのイベントではありますが、

そこから更に広げて、人間の多様性を認め、

あらゆる差別を無くそうという運動でもあります。


今回は特に、ガザ地区のパレスチナ紛争反対のメッセージも多かったです。


でも、何と言っても毎年感動するのは、

性的マイノリティーの息子や娘をもつ親たちの団体「Proud Parents」です。

毎年参加者が増えている気がする。



この日のために調達したレインボーカラーのTシャツで参加のレオン(^_^)

e0250023_22033517.jpg

夫と日陰に避難していた時間も長いのですが、

何人もの方に「かわいい~」と声を掛けてもらったそうで、

大成功でした♪


来年はこれ着てパレードに参加する(^_^;)??


今年のユーロビジョン・ソングコンテストで優勝したコンチータ・ヴルスト

独特の風貌で話題をさらった彼(彼女?)ですが、

今年のストックホルム・プライドのコンサートにも出演。

 

彼の影響か、今年はやたらと女装に髭という偽コンチータがいっぱいいたのですが、

さて、これは果たして本物でしょうか?

e0250023_22041536.jpg

パレード参加グループ過去最高の153グループ。

最初のグループが通ってから2時間余り。

もう腰が痛くて限界です(>_<)


やっと最後のグループ。

e0250023_22044960.jpg


もうその後も人の波が怒濤のように~(*_*)

e0250023_22061202.jpg

この後にあるイベントに行く人も

そのままゾロゾロ付いて歩いているのかも。


我々もその後から家路につきました。

e0250023_22065120.jpg


途中ちょっと休憩してマクドナルドのサンデー(^^)

e0250023_22072998.jpg


食べ終わったあとのスプーンをペロリン~。

舌長い~(°_°)

e0250023_22080512.jpg


この後もパーティーは延々続いたようで、

夜中も音楽が微かに聞こえてきておりました。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-03 15:33 | ストックホルム・イベント

ブリュッセル市内観光 ー Sightseeing i Bryssels

今日の天気:晴れ  気温:18℃/25℃  日の出:4時32分  日の入り:21時14分


ベルギー小旅行、以前の記事はこちら。

ブリュッセルへ週末プチ旅行

アントワープ☆聖母大聖堂

アントワープ☆グロートマルクトとランチ

アントワープ☆ルーベンスの家

ブリュッセル☆レストラン「Le Mess」

ブリュッセル☆ブロカントとマルシェ

ブリュッセル☆レストラン「Les Brassins」

ブリュッセル☆チョコレート



ブリュッセル観光のメインはやはりグランプラス

特にこの市庁舎が有名。

e0250023_18530383.jpg


大き過ぎて写真に収まらない(ー ー;)

しかも、この日は何かのイベントの準備で、

大型トラックが何台も停まっていて、

階段状の客席が組み立てられていました。

広場の雰囲気ぶち壊し (T_T)


周りの建物だけを美しく撮影するのは不可能。

e0250023_18534663.jpg


その上、こちら側のギルドハウスは改装中らしく、

前面に幕が・・・。

一応の景観は壊さないようにはなっているのだけど、

一目で本物でないのは分かるわけで(ー ー;)

e0250023_18542760.jpg


グランプラスの近くにあるギャルリー・サンテュベール

ヨーロッパ最古の高級ショッピングアーケードだそうです。

確かに美しい~☆

e0250023_18552090.jpg


さて、そろそろランチの時間。

ワッフルを食べるためにメゾン・ダンドワ(Maison Dandoy)へ。

(注:リンク先は音楽が鳴ります。)

e0250023_18562272.jpg


ワッフルを食べるのが目的ですが、

空腹にいきなりワッフルはキツイので、まずはキッシュを。

この半分のキッシュを夫と半分ずつしました(^_^;)

e0250023_18570089.jpg


ベルギーのワッフルには2種類あります。

私が頼んだのがブリュッセルワッフル。

バニラアイスと苺のトッピング。

e0250023_18573898.jpg

形は四角く、サクッと比較的軽い食感。

そのまま食べるよりも、

何かをトッピングして食べるのに向いている感じ。


夫が頼んだのがリエージュワッフル。

バニラアイスとアドヴォカートというリキュールのソース。

e0250023_18581898.jpg

リエージュワッフルは角が丸くて、もちっとした食感。

中に解けなざらめのような砂糖が入っていて、

少しシャリシャリ感あり。


ブリュッセルワッフルより甘みがしっかりしているので、

街角で買ってそのまま食べるなら、

リエージュワッフルの方が美味しいかな。



ダンドワに来たのはもう1つ理由があって、

ベルギー名物のお菓子スペキュロースを買うため。

ここのが一番美味しいという評判です。


普通のスペキュロースとバニラ味のもの、

パン・ア・ラ・グレック(Pain à la Grecque)

私の好物パンデピスを購入。

e0250023_19002051.jpg

パン・ア・ラ・グレックは初めて食べましたが、

しっとりもっちりしたパンのようなビスケット?

ぬれおかき系が好きな私は結構気に入りました(^_^;)


もちろんスペキュロースもとっても美味しかったし、

パデピスもしっとりとして美味でした♡



ワッフル達成、スペキュロースも購入、お腹も膨れたところで、

今度はいよいよ小便シリーズ( ̄▽ ̄)


まずは、もちろんこちら。

Manneken pis(小便小僧)

e0250023_19033345.jpg


これは22年前にも見たので、

今回は衣装をつけたところ見たかった~(>_<)


この小便小僧君、かなりの衣装持ちだそうですよ。

その衣装がグランプラスにある市立博物館に展示されているというので

見に行きたかったのですが、時間切れで残念でした (T_T)



22年前の旅行の最後に、

当時ロンドンに住んでいた従兄の所に遊びに行ったとき、

実は小便少女なるものもいるということを初めて聞いて衝撃を受け、

それ以来、一度見てみたい~と思っておりました。


今回やっと22年越しのその願いが叶いました(^_^;)


こんな袋小路にあります。

奥の人だかりのしているところ。

e0250023_19052041.jpg


な、なんと!!

こんな檻、いや、柵の中( ̄◇ ̄;)

e0250023_19055740.jpg


聞く所によると、なんだか悪戯をした輩がいたそうで、

それ以来柵が取り付けられたとか・・・。

一体どんな悪さをしたんでしょうか~。


柵の中にカメラを入れて撮っている怪しげなオッサンがいますが、

(うちの夫です^_^; )

柵の下は水があって、万が一カメラを落とすと大変なことになります。


そんなリスクを冒して撮った写真がこちら。

Jeanneken pisです。

e0250023_19073510.jpg

なんか、ちょっと恥ずかしい・・・(ー ー;)



そして、今回小便小僧&少女のことを調べていたら、

夫がZinneke pisというのも見つけました。


ブリュッセル在住の友人Mさんも知らなかったZinneke pis。

こちらです。

e0250023_19085363.jpg

そのままやん、って気がしないでもないですが。

犬ですしね。


これならうちのレオンの逆立ちショを像にした方が

見応えがあるんじゃないでしょうか~(^_^;)

e0250023_19093828.jpg


この小便犬のある通りにある店のショーウィンドウ。

猫の置物があるのかと思ったら、本物( ̄◇ ̄;)!

e0250023_19100801.jpg

ショーウィンドウ内の商品を倒さずに

どうやってこの場所に来たのか謎です。



ブリュッセルの街中では所々で、

ベルギーのBD(漫画)のキャラクターが見られます。


中央駅からグランプラス側に出たところの白いスマーフ

e0250023_19142028.jpg


タンタンが描かれた壁。

e0250023_19151347.jpg

タンタンが描かれた壁はいくつもあるらしいです。

今回はそれを探す時間はありませんでしたが。



フリッツは、ブリュッセルで一番美味しいと評判の

Maison Antoineのを食べてみたかったのですが、

これも時間切れで今回は叶いませんでした。


まあこれはまた次回のお楽しみということで。


これでやっとベルギー旅行記終わります(^_^;)



最後に、

Mさんにお土産に頂いたスペキュロースのスプレッド!

e0250023_19162870.jpg

これが最高に美味しかった♡

スムースのもあるようですが、このクランチー感がいいです。


ビスケットをスプレッドにするというアイデアは

一体どこから出てきたのでしょうか?


ヌテッラとかピーナッツバターのような感じですが、

ナッツじゃないので油っぽくなく、

いくらでも食べられる~(≧∇≦)


超危険な食べ物です(^_^;)


夫は今まで何度もブリュッセルに出張に行っていて、

お土産はいつも空港で買ったゴディバとかノイハウスのチョコ。

今までこのスプレッドの存在を知らなかったのが悔やまれる(>_<)


今度出張があったら、絶対このスプレッドを買って来てもらいます!




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                   ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
              にほんブログ村



私の過去のブログはこちらから。




[PR]
by kinakostockholm | 2014-08-01 22:10 | 旅行・ヨーロッパ


9年間の海外転勤生活を経て、再びストックホルムに。新しく家族になったトイプードルのレオンと一緒に、スウェーデン再発見中。


by kinakostockholm

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ブログ引っ越しました。
at 2016-01-12 02:10
引っ越ししました。 ー Vi..
at 2015-09-03 13:26
お気に入りのレストラン「Rö..
at 2015-08-11 23:02
犬連れでカフェランチ ー L..
at 2015-08-09 12:29
女友だちとベトナム料理の夕べ..
at 2015-08-06 22:57

カテゴリ

全体
ストックホルム・生活
ストックホルム・レストラン
ストックホルム・カフェ
ストックホルム・風景
ストックホルム・見所
ストックホルム・散歩
ストックホルム・イベント
ストックホルム・ハイキング
スウェーデン・見所

スウェーデン・一般
旅行・スウェーデン
旅行・ヨーロッパ

日本
その他イベント
わたし
その他
未分類

以前の記事

2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

外部リンク

お気に入りブログ

エミリアからの便り
白樺通り17番(旧・国境...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
Awaken six s...
イギリスのLife Ac...
みんなと一緒。
Ett liv med ...
ベルギー駐在員写真日記
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
ミニシュナ Anneの徒然
Life Without...
ひなたを散歩♪
チーズでやけど
ソーニャの食べればご機嫌
まったり静香の南青山物語

最新のトラックバック

検索

タグ

(193)
(119)
(78)
(77)
(71)
(53)
(36)
(36)
(34)
(27)
(22)
(22)
(17)
(13)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)

人気ジャンル

ブログパーツ

FXと外貨預金の違い

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧