「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

晴天のストックホルムを軽く散歩 - Promenad i solig Stockholm

今日の天気:雨のち晴れ   気温:15℃/21℃   日の出:3時36分   日の入り:22時06分



ここしばらく、やらなければならないことが重なってバタバタと忙しく、
ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

皆さんのブログにも伺えずすみません
これからまたボチボチ伺います。


さて、随分と間が空いてしまいましたが、
友人が遊びに来てくれて、一緒にストックホルム観光をしたときのお話。

ちょうど3週間前のことになります(>_<)

前日のどんより曇り空とは打って変わって、すっきり青空。
お天気の良い日のストックホルムを友人に見せることができてよかった♪

お天気が良かったので、途中いくつかお店を覗きながら、
ヴァーサ号博物館まで歩いて行きました。
(ヴァーサ号博物館についての記事はこちら。)


博物館見学後、夫とレオンとご合流。
一緒にランチを食べて、少しお散歩♪

空が青いと水も青い☆
e0250023_21562964.jpg


e0250023_21585127.jpg



何の花かな~。
e0250023_21565640.jpg


e0250023_21572849.jpg



ユールゴーデン島のカナダ雁たちも子育てのシーズン。
e0250023_21581618.jpg


ヒナ鳥の幼毛(って言うのかな?)がフワフワでかわいい~(^-^)
e0250023_2159471.jpg


もうかなり大きくなったヒナ鳥もいます。
e0250023_223916.jpg



ユールゴーデン橋からの眺め。
e0250023_2203611.jpg


水辺のプロムナードを歩いて、友人が荷物を預けているホテルに戻ります。
e0250023_2212857.jpg


途中でレオンの水分補給。
e0250023_2245225.jpg


宇宙服のようなものを着た一群が!
最近よく見かけるスピードボートのツアーみたい。
乗ってみたいな~(*^_^*)
e0250023_2255551.jpg


そして、空港行きの特急に乗る友人を見送りに中央駅まで。
レオンの耳が跳ねてる~( ̄▽ ̄)
e0250023_227168.jpg



随分時間が経ってしまったけど、楽しい2日間をありがとう~♪

友人滞在中の食事編が続きます(^^ゞ



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-30 22:09 | ストックホルム・風景

スウェーデンの夏至祭 - Glad Midsommar!

今日の天気:晴れ   気温:13℃/19℃   日の出:3時31分   日の入り:22時08分



友だちと回ったストックホルム市内観光の話はまだ少し残っているのですが、
この週末は、スウェーデンではクリスマスに次いで大切なお祭り「夏至祭」なので、
今日は夏至祭のお話を少し。


一年で一番昼の時間が長い夏至。
その夏至の日に一番近い土曜日がスウェーデンの夏至祭の日です。
つまり、今年はこの土曜日。

でも、実際はその前日の金曜日、ミッドサマーイヴにお祝いします。

金曜日は、ほとんどの職場はお休み。
スーパ-などお店も、午後の早い時間で閉まります。

スウェーデン人の多くは田舎にあるサマーハウスに行ってしまい、
街はゴーストタウン化します(^^ゞ

今朝7時にレオンの散歩に出かけたら、見事に人っ子一人いませんでした。
犬の散歩をしている人も誰もいない。
車もほとんど通らない。
散歩中見かけたのは、野うさぎ一匹と子うさぎ一匹のみ( ̄▽ ̄)


夏至祭のお祭りはだいたい田舎で行われるのですが、
ストックホルム市内では、スカンセン野外博物館で毎年盛大なお祭りが行われます。

私たちはサマーハウスもなければ帰る田舎もないので、
雰囲気だけでも味わいにスカンセンに出かけました。

夏至祭のメインは、Majstång(メイポール)と呼ばれるポールを立て、
その周りでダンスを踊るというもの。

まずは、メイポールのある広場に向かうと、すごい人(@_@;)
ストックホルムに残っている人と観光客が全員ここに集まっているかのようです(^^ゞ
e0250023_1221093.jpg


e0250023_1223565.jpg


なんやかや用事を済ませている間に出発が遅れ、
メイポールを立てるところは見られなかったので、
出店をぶらぶら見て回り、小腹が空いたので、ちょっと腹ごしらえ。
e0250023_123329.jpg

右は、北スウェーデン特産の薄いパンに、つぶした新じゃがと焼いたエルクの細切れ肉を詰め、
上にクレームフレッシュと、やはり北スウェーデン特産のhjortron(クラウドベリー)のジャムを乗せたもの。
左は、スモークしたエルクなどのゲームミートのソーセージを薄いパンで巻いたもの。

どちらもとってもおいしかったです♪
特にゲームミートのソーセージは、もしソーセージをそのまま売っていたら
買って帰りたかったぐらい(^^ゞ


夏至祭では、白樺の枝や野花で冠を作って被ります。
スカンセンでは、自分で作れるように白樺の枝が切って置かれていました。
e0250023_12337100.jpg



そうこうしているうちに、小さな舞台で、昔の夏至祭を再現した民族舞踊が始まりました。
こういうイベントのとき、いつどこで何が行われるかというチェックの詰めが弱い私たち。
始まる直前に行ったら、すでに大勢の人で埋め尽くされていました(当り前 >_<)。

人と人との隙間からかろうじて舞台の一部が見えるという状態。
背の高い夫に、手を伸ばしてiPhoneで撮ってもらった1枚。
雰囲気だけどうぞ(^^ゞ
e0250023_1242499.jpg

ちゃんとストーリーになっていて、なかなか楽しかったです。

その後は、みんなも参加のダンス。
メイポールの周りで、お決まりのダンスを踊ります。
踊っている人と見学している人と、とにかく人が多過ぎて何が何だか分かりませんが(^^ゞ
e0250023_1253063.jpg



スカンセンは野外民族博物館で、いわばスウェーデン版明治村といった感じのところ。
古い建物や昔の生活の様子を再現してあったり、北欧の動物がいる小さな動物園があったり、
見どころ満載なので、またいつかゆっくりご紹介したいと思いますが、
出口に向かう途中に通ったところだけ、ささっと写真でご紹介。

こんな人混みの中を歩いて行くカナダ雁の家族。
子供はかなり大きくなっているけど、でも、大胆~~。
e0250023_1262773.jpg


こんなかわいい馬車も通りました。
e0250023_1265734.jpg


昔の一里塚。
e0250023_1275362.jpg


南スウェーデンの農家。
e0250023_127204.jpg


時を告げていた鐘楼。
e0250023_1281715.jpg


荘園領主の邸宅。
e0250023_1285035.jpg



ちゃんとした夏至祭の祝い方をしていない私では、うまく夏至祭の紹介ができないので、
こちら、スウェーデンの政府機関が作ったPRビデオ。

英語なんですが、政府機関が作ったにしてはかなりユーモアもあり、
上手くまとまっているので、よろしければこちらをご覧下さい。





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-22 23:40 | ストックホルム・イベント

ヴァーサ号博物館 - Vasamusseet

今日の天気:晴れ   気温:14℃/21℃   日の出:3時30分   日の入り:22時07分



友人とのストックホルム市内観光、翌日は、ヴァーサ号博物館に行きました。

橋を渡ってユールゴーデン島に入ってすぐ、右手に北方民俗博物館の立派な建物が見えるのですが、
その裏手、屋根からマストが飛び出している水辺の建物がヴァーサ号博物館です。


ヴァーサ号とは、当時の国王グスタフ2世アドルフの命により造られた軍艦です。

細かな彫刻が施された美しいこの木製の軍艦は、
1628年8月10日に、華々しくストックホルムの港から処女航海に出発。

しかし、わずか数分後、二度の突風に煽られて沈没(T_T)
たった1300mの航海だったとさ。

そして、その333年後、1968年に引き上げられたヴァーサ号がこれ。
e0250023_1144059.jpg


95%以上も原型を保ち、現存する世界唯一の17世紀の船舶。

e0250023_1152624.jpg


様々な位置、角度から見ることができます。

e0250023_1162100.jpg


e0250023_1165691.jpg


e0250023_1173689.jpg


e0250023_1183525.jpg



300年以上も海底の泥の中に埋まっていたので剥げてしまっていますが、
実際のヴァーサ号は、色鮮やかな美しい船だったようです。

シュミレーションした後部の彫刻部分はこんな感じ。
e0250023_1193564.jpg



そして、それを再現した模型がこちら。
e0250023_11101461.jpg



博物館では、この他に、建設当時の様子や船内の様子、数々の遺品が展示されています。
また、引き上げ作業についても見ることができます。

ヴァーサ号についてもっとご興味のある方はこちら(日本語)で。

英語だともっと詳しい情報が載っています。
英語はこちら




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-19 23:01 | ストックホルム・見所

ガムラスタン(旧市街)散策 - Gamlastan

今日の天気:雨のち晴れ   気温:11℃/16℃   日の出:3時30分   日の入り:22時06分


市庁舎の塔を下りて、今度はガムラスタン(旧市街)に向かいます。

ストックホルムは、大小の島が集まってできた街。
ガムラスタンも1つの島なので、ガムラスタンに行くにはいくつかの橋があります。

その中の1つの橋は、国会議事堂の間を抜けていきます。
国会議事堂は、ガムラスタンに行く前の更に小さい島に建っています。
e0250023_1116482.jpg

元々は、左側が国会議事堂、右側が中央銀行の建物だったものを
1983年に、中央銀行を建て増し改装して、2つの建物を繋ぎました。

お土産物屋さんが建ち並び、観光客の多いドロットニング通りから続いているので、
いつも人通りが多いです。


国会議事堂を通る橋を渡る手前、ドロットニング通りの角に、
こんな彫刻が建っています(というか、座っているのか・・・)。
e0250023_11171881.jpg

比較的新しいこの彫刻は、「ホームレスの狐」。
この辺りは、政府官庁街でもあるので、深い意図があるのかな。


国会議事堂の間を抜ける橋を渡ってまっすぐ進むと、
Västerlånggatan(ヴェステルロングガータン)という賑やかな通りに続きます。

ガムラスタンのメインの通りとも言える通りで、
お土産物屋さんが建ち並び、観光客の多い通り。
e0250023_11175430.jpg


私たちは敢えてそこは通らず、大聖堂の横を抜けてStortorget(大広場)へ。
1600年代の古い建物が残り、今も使われています。

e0250023_11182276.jpg


ノーベル博物館。
建物は、1778年に建てられた昔の証券取引所。
e0250023_11185269.jpg

ノーベル賞100周年を記念して2001年にオープンしたもの。
中は、博物館というよりは資料館のような感じです。


館内のカフェで、1976年から1998年までの晩餐会で出されたデザートと
同じアイスクリームが食べられるというので、試してきました。
e0250023_11192342.jpg


確か、当時のデザートは、Glassbomb(アイスクリーム爆弾)と呼ばれる、
2種類(?)のアイスクリームが層になった半球形のものだったはず。

形は違うけど、同じ種類のアイスクリームということなのかもしれません。

カシスのソルベとバニラアイスクリームだったと思うのですが、
とにかく、とってもおいしかったです♪
ソルベもおいしいんですが、このバニラアイス、ミルキーを思い出すような濃厚な味。
晩餐会のデザート云々を抜きにしても、おススメのアイスですヨ(^-^)


ショップでは、ノーベル賞のメダルの形をしたチョコレートが買えます。
ばら売りもしていますが、10枚入りの方が少し割安(^^ゞ
e0250023_11194985.jpg


実は、2000年に夫がノーベル賞受賞者のアテンドの仕事をしたので、
その年のノーベル賞の授賞式と晩餐会には私も出席しました。
晩餐会では、テーブルの上にこのチョコレートが何枚も置かれていて、
まさか後にこうして博物館のショップで買えるようになるとは思っていなかったので、
記念に何枚かもらって帰りました。
これが、その後の数回の引っ越しを生き延びた最後の1枚( ̄▽ ̄)
e0250023_11201939.jpg



前にもご紹介しましたが、ストックホルムで一番狭い路地、
Mårten Trotzigs gränd(モーテン・トロッツィグス・グレンド)。
e0250023_11204728.jpg


でも、実際通って見ると、意外とそんなに狭くないような・・・??
e0250023_11211079.jpg


ジュネーブの旧市街に残る一番狭い路地の方がずっと狭かったです(^^ゞ
こちら。



長くなったので、あとは掛け足でいきますよ~( ̄▽ ̄)

ガムラスタンに渡ってきた橋の隣の橋から。
国会議事堂の昔の正面。
e0250023_1122514.jpg



王宮。
e0250023_11222929.jpg



またガムラスタンに戻って、
王宮の横に建つStorkyrkan(大聖堂)。
e0250023_1122588.jpg



昼間、衛兵の交代が行われる王宮の中庭。
もう夕方なのでひっそりとしています。
e0250023_11232274.jpg



ガムラスタンは、観光客の多いVästerlånggatanよりも、裏道の方が雰囲気があります。
ちょっとおもしろいお店が見つかるのも、こういう裏道。
e0250023_11235682.jpg



この後、ガムラスタンのレストランで夕飯を食べましたが、
それについてはまた後日(^_-)-☆



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-16 23:14 | ストックホルム・見所

市庁舎の塔に上ろう! - Stadshustornet

今日の天気:曇りのち晴れ一時雨   気温:14℃/18℃   日の出:3時31分   日の入り:22時04分


さて、市庁舎の塔に上るには、別途チケットが必要です。

上る時間は決まっていて、一度に上れるのは最大30名まで。
そして制限時間40分!

「上がるのに10分、上で15分、下りるのに10分」
と言われました( ̄▽ ̄)

本当は、市庁舎の見学をする前に塔のチケットを購入したかったのだけど、
団体客で込み合っていた入口でモタモタして10時ギリギリになり、
塔のチケットを買いに行く余裕がなかったのです。
チケット売り場を一緒にしてほしいな~。

約45分のガイドツアーを終えて、11時前に塔のチケット売り場に行くと、
11時15分の分は既に売り切れていて、次は11時55分。
1時間も時間を潰すことに・・・(T_T)

市庁舎のショップを少し覗いてから、中庭から外庭をぶらぶら散歩。

e0250023_954204.jpg


こんなところに地味なダーラヘスト(ダーラナ馬)が(^^ゞ
e0250023_955172.jpg


ガムラスタン(旧市街)が見える方に出てみましょう。
e0250023_9553458.jpg


ちょっと雲行きが怪しい・・・(>_<)
e0250023_9581739.jpg


外庭から見た市庁舎。
ちょうどプリンス・ギャラリーのところです。
e0250023_9584868.jpg


これから上る塔を見上げてみる。
e0250023_9593438.jpg

この塔の高さは106m。
この市庁舎を造るときに、コペンハーゲンの市庁舎も参考にしたらしいのですが、
そのコペンハーゲンの市庁舎の塔が105mだったそうで( ̄▽ ̄)


写真を撮ったりおしゃべりしたりしているうちに、あっという間に時間になりました(^^ゞ

塔の階段は365段。
途中まではエレベーターで行くこともできますが、
私たちは頑張って歩いて上がりました。

途中、こんな像が並んだギャラリーや巨大な像もありましたが、
時間制限があるので、上に急ぎます(^^ゞ
e0250023_1001660.jpg


e0250023_1025650.jpg



途中からはこんな所を緩やかに上がっていきます。
e0250023_1032940.jpg



そして頂上!

あれ、柵がある。
手摺にも上部にも、柵が取り付けられていました。
昔は無かったのにな~。
e0250023_1035288.jpg


柵の間から撮れるので、景色を撮影する邪魔にはなりませんが・・・。

雲が多くてちょっと残念でしたが、ここから旧市街を望む風景は、
よく絵葉書にも使われる美しい眺めです。
e0250023_1043986.jpg


Kungsholmen(クングスホルメン)方向を望む。
e0250023_1051067.jpg


もう少し広い範囲に目を向けると、
いつもレオンと散歩している辺りまで見えますよ~。
e0250023_106849.jpg


左手奥の緑が固まっているところが、ユールゴーデン島とヤーデット。
左に見えている細い塔がカクネス塔で、散歩のときによくそばを通ります。


塔を下りた後、ガムラスタンまで歩いて行きました。
次回はガムラスタンのお話。



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-13 23:49 | ストックホルム・見所

ストックホルム市庁舎 - Stockholms stadshus

今日の天気:晴れ   気温:9℃/18℃   日の出:3時32分   日の入り:22時02分


先週、ジュネーブで知り合ったお友達がストックホルムに遊びに来てくれたので、
一緒に市内観光をしました。

実質2日間しかなかったのに、その半分ぐらいをおしゃべりに費やしてしまって、
本当に限られた場所しか訪れられなかったんだけど(^^ゞ


まず訪れたのは、ストックホルム市内観光のメイン中のメイン!
ストックホルム市庁舎です。
私も市庁舎の中に入るのは十数年ぶり。

外観の写真を取り損ねたので、ディナーの帰りに撮った夕景で。
(これでも午後10時ごろ)
e0250023_9211433.jpg



市庁舎は、実際に市議会に使われている場所なので、見学はツアー見学のみ。
6月~8月のシーズン中は、30分ごとにスウェーデン語と英語のツアーが出ます。
(その他のシーズンは1時間ごと。)

私たちは、朝10時のツアーを目指して行ったのですが、
ガイドさん率いる団体客で入口が溢れかえっていて、ちょっとビビリました(@_@;)
団体客は、たいてい、10時のツアーの前に入るみたいです。

10時の英語のツアーに参加する人は優に50人以上いて、
2つのグループに分けられました。

まずは、入ってすぐのところにある「青の広間」から。
ここは、ノーベル賞の晩餐会が開かれるところです。
(授賞式はコンサートホールで行われます。)
e0250023_922073.jpg


イタリアのピアッツァを模して造られたというホール。
でも、イタリアとスウェーデンでは気候が違い過ぎます。
仕方なく天井を付け、代わりに明かりとりの窓が付けられました。
e0250023_9224014.jpg


最初の設計では、壁を青く塗る予定で、
それゆえ「青の間」という名前が付いたのですが、
途中で設計者の気が変わって、レンガのまま残されることに。
でも、その時には既に「青の間」という名前が世間に知れ渡っていて、
結局名前だけが残ったということらしいです。


議会場。
ビニールシートが被せられているのは、一部改装工事をしていて、
その砂塵が掛かるのを防ぐためだそうです。
e0250023_9232419.jpg


天井は、ヴァイキング時代の建築様式を取り入れたもの。
e0250023_9241452.jpg


議会場の窓からガムラスタン(旧市街)を望む。
e0250023_9244071.jpg



途中、古いタペストリーで覆われた楕円形の部屋を通るのですが、
そこは、結婚式が行われる部屋。
小さい部屋に大人数で入っていたので、写真にうまく収められなかったのが残念。

毎週土曜日の午後、その部屋で32組の結婚式が行われます。
結婚式は、ロングバージョンとショートバージョンが選べて、
ロングバージョンなら3分、ショートバージョンなら30秒です( ̄▽ ̄)

ここで結婚式を挙げるのは、ストックホルム市民でも、
更にはスウェーデン国民でもある必要はなく、しかも無料!!
なんという太っ腹!

とっても人気があって、時期によっては3ヶ月~6ヶ月待ちだそう。


その部屋を通り過ぎると、プリンスのギャラリー。
窓からメーラレン湖を望む、細長いホールです。
e0250023_9251288.jpg


たくさんの絵画を残したユージン王子が壁のフレスコ画を描いたので、その名前がついています。
e0250023_9253632.jpg


この壁の絵は、良く見ると、窓から見える景色と同じ景色が描かれています。
そうすることによって、窓を背に座るゲストも、
メーラレン湖の美しい景色が見られるようにとの配慮だそうです。

対応する景色はうまく撮れませんでしたが、
窓から見えるメーラレン湖の景色は、こんな感じ。
e0250023_9263294.jpg



そして、最後は「黄金の間」。
ノーベル賞の晩餐会後、ゲストがダンスを踊るホールです。

ビザンチン様式の影響を受けた壁のモザイクは、
約1,900万枚、合計23.5カラットの金箔でできています。
e0250023_927197.jpg


奥の壁には、真ん中にメーラレン湖の女王が、市庁舎を膝に乗せて座り、
右手側には、「西方の国々」を代表してニューヨークやパリの街並みが、
左手側には、「東方の国々」を象徴するオリエントのエキゾチックな絵が描かれています。
e0250023_9273767.jpg


これと反対側の壁には、市庁舎をはじめ、昔の王宮やリッダーホルム教会など、
ストックホルム市の街の風景が描かれています。
そして、王宮の絵の上には、ストックホルム市のシンボルでもある
馬に乗った聖エリックが描かれているのですが、
良く見ると頭がありません(>_<)
e0250023_928869.jpg


実はこれ、設計ミスだそうで・・・。
絵が大き過ぎたのか、天井が低すぎたのか、
下から作って行ったので、最後に頭が描けなかったというオチ( ̄▽ ̄)

やり直すには時間も費用も足りなかったとか。


黄金の間を出たところから、青の広間を見下ろす。
e0250023_9285164.jpg


こうして見ると、意外に狭いです。
ノーベル賞の晩餐会に出席するゲストの数はだいたい1300人。
そんな大勢の人が入れるようには見えない。

晩餐会の映像を見たことのある方はご存知でしょうが、
テーブルがぎっしり並べられ、ゲストもみっちり座っています。

1人当たりのテーブルのスペースは、きっちり60センチだそうです(^^ゞ
メインテーブルの王族と受賞者の方々のみ、1人80センチだそうで・・・。


そのノーベル賞の晩餐会のテーブルセッティング。
e0250023_93001.jpg



このあと、市庁舎の塔にも上りました。
それについては次回(^_-)-☆



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-11 23:18 | ストックホルム・見所

や め て~~!! - Sluta!!

今日の天気:快晴   気温:10℃/19℃   日の出:3時35分   日の入り:21時59分


ジュネーブのフランス語のクラスで出会ってお友達になったYさんが、
一昨日の夜から今日までストックホルムに遊びに来てくれました。

お土産に頂いたジュネーブのチョコレート♪
e0250023_10185137.jpg



実質2日間の滞在中、その半分ぐらいはおしゃべりに費やしてしまいましたが( ̄▽ ̄)、
一緒にストックホルム観光をしました。

ストックホルム紹介を兼ねてその記事をアップしたいのですが、
写真の整理がまだできていないので、
2ヶ月ぐらい前に撮ってアップし忘れていたレオンの動画をお贈りします。


夫が吹き掛ける息をなんとか止めたいレオンです(^^ゞ








ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-08 23:15

夫が作るスウェーデン家庭料理5 - Svensk husmanskost 5

今日の天気:曇り時々晴れ一時雨   気温:9℃/14℃   日の出:3時38分   日の入り:21時55分


久しぶりのこのシリーズ(^^ゞ

過去の記事はこちらから。
その1
その2
その3
その4

夫はほぼ毎週末ちゃんと料理をしてくれているのですが、
ご紹介できるスウェーデン料理がだんだんと減ってきました(^^ゞ


最初の2品は、家庭料理とはちょっと言い難いかもしれません。
レストランでは人気のあるメニュー。

Pocherad Torsk med Hollandaisesås
茹でタラのオランデーズソース
付け合わせは、ポテトコロッケ(これは冷凍のもの)とほうれん草。
e0250023_1047842.jpg



Oxfilé med bearnaisesås och hasselbackspotatis
牛ヒレ肉のベアネーズソース
付け合わせはハッセルバックポテト
e0250023_10474553.jpg

ハッセルバックポテトとは、ポテトの上半分に細い切れ目を入れて、
バターをパン粉を掛けてローストしたもの。

ユールゴーデン島にあるハッセルバッケンというレストランで最初に作られたことから
この名前が付いたと言われています。


Stekt strömming, rårörda lingon, pressgurka
バルト海ニシンのフライ、リンゴンベリーのコンフィ、キュウリの酢の物添え
e0250023_10483223.jpg



デザートは、Rabarberkräm(ルバーブクリーム)。
e0250023_1049715.jpg

ルバーブを砂糖と水で煮詰めたものです。
他にもブルーベリーや苺、ローズヒップなどでも作られます。
スウェーデンではとっても一般的で人気のあるデザート。

なんだかちょっと子供のおやつみたいですが、
牛乳をかけて食べると、意外においしいです(^^ゞ



おまけ画像。
雨の日曜日の朝、リラックスし過ぎの我が家のボーイズ( ̄▽ ̄)
e0250023_1051273.jpg





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-05 23:35 |

Stora Essingenでお散歩 - Promenad på Stora Essingen

今日の天気:雨   気温:5℃/7℃   日の出:3時41分   日の入り:9時51分



ストックホルムは昨日からずっと雨で、気温もぐっと下がり、
今日は気温が6~7℃という寒さ(>_<)

全く、6月とは思えない気温です・・・。

寒いのはまだしも、ずーっと雨っていうのは気が滅入ってしまうので、
お天気が良かった先週末の話を(^^ゞ


先週土曜日に、Stora Essingen(ストーラ・エッシンゲン)という島に行きました。
メーラレン湖に浮かぶ島ですが、島とは言っても橋で繋がっていて、
ストックホルム市の人気の住宅地の1つ。

うちのすぐ前から市バスに揺られて30分ほど。

e0250023_10059100.jpg


あ、前記事と時間が前後しているため、レオンのカット前です(^^ゞ
今あらためて見てみると、かなりボサボサでしたね・・・。


ストックホルムはどこも緑が多いですが、ここは特に多い気がします。
木漏れ日が気持ち良い♪
e0250023_1014252.jpg



まずは、バスの終点の広場にあるカフェで休憩。
「Karin på Ön」(島のカーリン)という居心地の良いカフェ。

マカロンとラッテ♪
(カフェの外観の写真を撮り忘れました・・・)
e0250023_1022110.jpg

このマカロン、とってもおいしかったです(^-^)

私、実は、マカロンはそんなに好きってわけじゃないんですが、
この島にはフレンチスクールがあって、平日はフランス人客が多いらしいこのカフェ。
なので、ここのマカロンをちょっと試してみたくなったの(^^ゞ

でも、真っ黒のラクリス(リコリッシュ)味のマカロンがあったのが、やっぱりスウェーデンらしい( ̄▽ ̄)
私は遠慮しておきました。


さて、エネルギー補給したあとは、閑静な住宅街をお散歩。
ライラックが満開でした。
e0250023_1032358.jpg


e0250023_1035634.jpg


e0250023_1042518.jpg


毛むくじゃらの蕾( ̄▽ ̄)
e0250023_1045130.jpg



高台に建つ広いテラスのあるお家。
見晴らし良くて、気持良いだろうな~~♪
e0250023_1052044.jpg



湖の方に下りてみよう。
e0250023_1055316.jpg


ドロットニングホルムに行く船が立ち寄るみたい。
e0250023_1064629.jpg


湖畔を散歩。
e0250023_1071872.jpg


水を飲みに行ったレオン。
e0250023_1075192.jpg


すると夫が、ちょっといたずら心を出して、浮き桟橋にぴょん。
さあ、どうする、レオン( ̄▽ ̄)??
e0250023_1092451.jpg


足だけ濡れて細くなってしまった変テコなレオン。
腰が引けてます(^^ゞ
e0250023_1083234.jpg


いや~~~ん(T_T)
e0250023_1095765.jpg


ズブ濡れになられると、バスで連れて帰るのが大変なので、やめてください(>_<)

乾かすため、もうしばらくお散歩を続けます。

e0250023_10103631.jpg


e0250023_1012363.jpg



レオンも結構お散歩を楽しんだ様子。
e0250023_10133868.jpg


e0250023_10141519.jpg



この日は急に思い立って来たので、連絡が取れなかったのですが、
この島にはお友達が住んでいるので、またゆっくり来ようね。
e0250023_10145283.jpg




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます★励みになります♪
   ↓                  ↓
e0250023_6461359.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ



私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)



free counters
Free counters
[PR]
by kinakostockholm | 2012-06-02 22:58 | ストックホルム・散歩


9年間の海外転勤生活を経て、再びストックホルムに。新しく家族になったトイプードルのレオンと一緒に、スウェーデン再発見中。


by kinakostockholm

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ブログ引っ越しました。
at 2016-01-12 02:10
引っ越ししました。 ー Vi..
at 2015-09-03 13:26
お気に入りのレストラン「Rö..
at 2015-08-11 23:02
犬連れでカフェランチ ー L..
at 2015-08-09 12:29
女友だちとベトナム料理の夕べ..
at 2015-08-06 22:57

カテゴリ

全体
ストックホルム・生活
ストックホルム・レストラン
ストックホルム・カフェ
ストックホルム・風景
ストックホルム・見所
ストックホルム・散歩
ストックホルム・イベント
ストックホルム・ハイキング
スウェーデン・見所

スウェーデン・一般
旅行・スウェーデン
旅行・ヨーロッパ

日本
その他イベント
わたし
その他
未分類

以前の記事

2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

外部リンク

お気に入りブログ

エミリアからの便り
白樺通り17番(旧・国境...
ロンドン 2人暮らし
エリオットゆかりの美味し...
Awaken six s...
イギリスのLife Ac...
みんなと一緒。
Ett liv med ...
ベルギー駐在員写真日記
ロビンと一緒にお茶しましょ♪
ミニシュナ Anneの徒然
Life Without...
ひなたを散歩♪
チーズでやけど
ソーニャの食べればご機嫌
まったり静香の南青山物語

最新のトラックバック

検索

タグ

(193)
(119)
(78)
(77)
(71)
(53)
(36)
(36)
(34)
(27)
(22)
(22)
(17)
(13)
(10)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)

人気ジャンル

ブログパーツ

FXと外貨預金の違い

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧